アルコール

アルコール摂取したときはしじみを

お酒を飲むことで人と仲良くなったり、楽しく食事を楽しむことができますが、ただ楽しいということばかりではなく、お酒に弱い人やお酒を飲む機会が重なると、やはり気になるのは身体のことです。
しじみはアルコールを摂取した時に良い効果があると言われていますが、どのような効果があるのでしょうか。

会社にお勤めの方であれば、仕事の延長として接待などでお酒を飲む機会があったりします。
また人が新しく来たり出て行ったりする異動の時期などは、歓送迎会が頻繁に行われますし、年末年始などの節目の時期にもお酒を飲む会が行われることが多いですね。

会社勤めでなくてもお友達やママ友同士の飲み会など、人間と人間との関係を円滑にするコミュニケーションのひとつとして、お酒を一緒に飲む場を設けるということは良くありますね。

お酒には少しの量であれば、緊張をほぐして気を和ませる効果があったり食欲を増すという研究も発表されています。
長期的に見るとまったく飲まない人よりも、少量のお酒を飲んでいる方が寿命が長いとも言われています。

しかしアルコールには体質などもあり、あまりお酒に強くない人や、次の日にお酒が残って気分が悪くなる人もいます。
できるだけアルコールが残らないようにお酒に良いとされる食品や栄養ドリンクやサプリメントなどを、お酒を飲む前や飲んだ後などに摂取するという方も多いと思います。

しじみはお酒を飲む前に摂ると良いとされる食品の中でも代表的なものです。
スーパーマーケットなどでも手軽に入手でき、お味噌汁などの具としても良く知られています。

しじみの成分として含まれているアミノ酸のうち、メチオニンという物質がアルコールを分解する肝臓のはたらきを助ける効果があります。
また含まれているビタミン類のうちビタミンB12という物質も、肝臓にとって良いはたらきをもたらします。
お味噌汁として一緒に飲むことで、アルコールが蓄積するのを防ぐという効果も期待できます。