アルコール

しじみで肌荒れ改善

美容に敏感な女性だけでなく男性にもお肌の調子が悪くなる、肌荒れに悩んでいるという方も多いと思います。
しじみを食べることで、肌荒れが改善される効果があると言われています。
しじみが美容に良いといっても、どのような栄養が肌に良いのでしょうか。

肌の調子が良いか悪いかということは女性だけでなく男性にも、また年齢を問わず気になることだと思います。
乾燥肌の体質であったり、乾燥しがちな冬や春先などの季節は特に肌が気になってきますね。

肌に出るトラブルの具体的な症状というのは、人によってさまざまです。
赤みを帯びたりカサついたり、吹き出物が出たりといった症状がかゆみを伴って表れます。
ひとつの症状だけでなく、いくつかの症状が一気に出るということも珍しくないようです。
顔や手など、出てくる部位もいろいろあります。これらの症状を総称して、肌荒れと呼ばれています。
かゆいからと言ってかきむしったりすると、ますますひどくなってしまいます。
はじめのうちは赤みだけだったり、カサつきだけだったりするのが、ひどくなると皮膚が固くなってしまいひび割れてしまうという場合もあります。

肌荒れは肌の表面に何らかの刺激が与えられたことによって、炎症を引き起こしている状態のことを指します。

炎症が起こる原因としてはいろいろなものが考えられます。
まず外的な要因として、スキンケアで使っている化粧品にかぶれてしまったり、毛染めのための商品やシャンプーによる炎症、マツエクやエクステなどを行ったことによる炎症などがあります。
また乾燥している季節的なものもあれば、紫外線によるものや皮膚をゴシゴシ洗いすぎてしまったということもあります。
生活習慣などの乱れなど、内面的な原因で起こることもあります。

食べ物やサプリメントを摂取することで、肌荒れになることを防止することもできます。
しじみに含まれているオルニチンには、肌を作っている細胞を活性化させるというはたらきが期待できます。
しじみで新陳代謝がよくなるのはこのためです。
またプロリンと呼ばれる、コラーゲンの元となって肌のうるおいを保つ役割がある物質を生成するはたらきもあります。
しじみを食べることで、肌荒れを防止や早い段階での改善につとめましょう。