アルコール

しじみに期待されるデトックス効果

しじみで肝機能を高めたり、身体から毒素を排出するという意味のデトックスという言葉はすっかり定着していると言えます。
しじみに含まれている栄養には、デトックスの効果も期待できると言われています。
どのような成分がデトックスにつながるのでしょうか。

しじみは年中どこでも手軽な価格で入手することができる、食卓でもおなじみの食材です。外来しじみも問題にはなっていますが、淡水の湖や汽水と呼ばれる、淡水と海水が混じっている場所で多く生息をしている、小さな黒い二枚貝です。
栄養が豊富に含まれていることから、近年そのパワーが注目されている食材です。

現在でも仕事の付き合いでどうしても飲み会が続いてしまう時や、次の日に二日酔いになってしまうと差しさわりがあるという時などに、しじみ汁を飲んだりサプリメントを摂取しているという方も多いと思います。
しじみはお酒をよく飲む人におすすめです。

二日酔いというのは、たくさんお酒を飲んだ次の日に起こることが多く、頭痛や吐き気やだるさなどの体調が悪くなる状態のことを指します。
同じお酒の量を飲んでだとしても、ひどい二日酔いになってしまう人もいれば、まったくならない人もいます。
同じ人でお酒を飲んだ時の体調などによっても変わってきます。

お酒を飲むと、まず胃において2割ほどが吸収され残りは小腸で吸収され、血液に乗って肝臓に運ばれます。
肝臓ではアルコールが分解されアセトアルデヒドという物質になり、最後には水と二酸化炭素になって体外に排出されます。
肝臓で処理される時間というのは人によって大きく違うということもありますし、さらにたくさんお酒を飲むと、肝臓での分解する処理能力が間に合わなくなり、二日酔いにつながります。

しじみに含まれているオルニチンという物質は、肝臓の機能を高める効果があるので二日酔いの防止につながるのです。
さらにオルニチンには身体にとって有害な物質であるアンモニアを排出する、いわばデトックスのはたらきを助けるという効果があります。